2020-09-17 【期間限定】TCSをお申込みの方に書籍1冊プレゼント!

漫画って深い言葉が散りばめられてますよね

少し前にドラマ化されていた漫画
「プリンセスメゾン」。
たった一つの家を探す主人公、
その彼女を見守る不動産屋の人たちを中心に
「家」を軸とした人々の思いが描かれた話。

 

原作は読んだことがないのですが、
ドラマを見て共感するところが多々あり、
気になっている漫画です。

 

Webに期間限定で公開されている32話
この話の終わりの方で語られている言葉が
ずっと自分には響いています。

 

たとえばシスターみたいに
その身を神に捧げるでもなく…
誰かと愛しあって
命を繋げるでもなく、
誰かのために役立つこともないまま
生きる人を…
神様は祝福するかしら。

 

祝福される/されないはおいといて…
何故、何のために生きているのか
という問いはずっと根底にあって、
何かの拍子にひょこっと現れては
頭を悩ませて去っていきます。

 




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow