2021-06-15 【新サービス】ケアびとのかたりBAR 無料モニター募集中

言葉以外で魅せるコミュニケーション

こんにちは。
ケアコーチ&介護福祉士のタカノです。

2014年後期の「マッサン」から
朝ドラにすっかりハマった私。
朝ドラで交わされるやり取りの中に
コーチングの要素が詰まっていると気づいてからは
さらにドハマりしているのですが、
当ブログではもっと気楽に
朝ドラについて語れたらと思っています。

表情としぐさで魅せる2分半(カムカムエヴリバディ49話)

今日もまた、これぞ朝ドラ!の回でした。

エンディングまでの2分半(正確には2分45秒?)、
発せられたセリフは、るいの
「配達行かんと。失礼します。」だけ・・・。
あ、トミーの「おっ」もあったけど。

回想シーンや登場人物の表情で
それぞれの想いが表されるシーンでした。

ジョーなら、額の傷を見ても
全然気にしないと思うんやけどな・・・。

間の雄弁さ(カムカムエヴリバディ44話)

そういえば、先週の44話でも
一言二言のやりとりしか交わさない時間が
ありましたね。

るいが帰宅したところに、
クリーニングを取りに来た片桐さんと
バッタリ会ってからの約1分半。

店員とお客さんとして、
必要最低限の会話しか交わさないのですが、
言葉を発する間、お金を出す間、
品物を渡す/受け取るまでの間、
店を出ていくまでの間…

また、るいと片桐さんの目の動き、
竹村夫妻の2人を見守る目、
無機質な表情の言葉たち・・・

スクリーンを埋める全てのものが
とても雄弁にるいと片桐さんの
気持ちや関係性を語っていたように感じました。

片桐さん、るいのことをまだ想ってるんじゃないかなと思うのは
私だけでしょうか??

見ている側の想像が入り込めるから
やっぱり朝ドラは面白いなぁと思うのです。




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Rekaケアコーチ&介護福祉士
「ケアする人へのケアを」という思いのもと、コーチングによるケアをお届けしている。個人向け講座や企業研修も実施している。 雑誌掲載:「達人ケアマネ」(日総研)2019年12-1月号「利用者のモチベーションを維持するコーチングを活用したコミュニケーション」
Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow