2020-09-17 【期間限定】TCSをお申込みの方に書籍1冊プレゼント!

人の変化はA→Bか?

人の変化はA→Bではなく、

今まで閉じていたBやCの扉を

開けること。


転職を期に、

自分を変えることに取り組んでいます。

 

ちょっと大げさかもしれないけれど、

今日も友人の時間を使わせてもらって

今までとは違う自分を模索してました。

 

そこで、ふと思ったこと…

「これは自分を『変えて』いるのか?」

 

Aという自分がBに変わるのではなく、

Aという自分しか認めなかった自分が

Bという自分に気付き、認め、

Bの面も表に出すようになった、

と考える方がしっくりきます。

 

そして、「気付く・認める・表に出す」

の各段階では、他者との関わりと

自分側の受け入れ準備が整っていることが

必須だな、と思います。

 

私は今まで気付くきっかけを

いろんな人から与えられていたのに

それを受け入れられなかったり、

拒んだりしていました。

 

Aの自分を否定されたと感じたり、

Aだけ認めていた方が楽だと

思っていたのかも。

 

受け入れられるようになったのは

数か月前からかな。

ちょっとずつやけど。

 

これからはCやDの自分に気付く

(気付かされる)かもしれない。

 

それを認めて表に出すまでには

いろんな葛藤があるだろうけど、

わくわくします。

 

そんなことを考えた休日でした。

 




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow