2020-09-17 【期間限定】TCSをお申込みの方に書籍1冊プレゼント!

人の心が動く時

お気に入りだったドラマ
「アキラとあきら」が終わってしまい、
心にぽっかりと穴があいたような感覚です。

 

最終話で何度見ても泣けるシーンがあります。
(若干ネタバレしていますので、
まだ見ていない方は要注意です。)

 

融資審査がとても厳しい、
エレガントで冷酷なバンカーと言われている部長。
自分のキャリアや地位を捨ててでも
ある企業を救うための稟議を上げる次長(主役の一人)。

 

ある稟議を巡って激しく言い争い、対立する二人。
ところがある日、次長はその稟議書に
部長の承認印が押されていることに気が付きます。

 

部長曰く、
「魔が差した。銀行員を長くやっていると
そんなこともある。たまに自分のことも顧みないような
愚かな人間に賭けてみたくなる。それだけのことだ。」

 

もうこのセリフ!
決して素直じゃないですが(笑)、
次長の銀行員としての信念が
部長の心を動かしたんですよね。

 

信念を持って、本気で起こす行動や発する言葉には
頑なになっている人の心を
強く揺さぶる力がある。

 

決してドラマの中の話だけではないと思います。

 


コーチングのサンプルセッション(無料)を受付中です!
コーチングって何?という方、
ちょっとした心のモヤモヤを聞いてほしいという方、
ご興味をお持ちでしたら、ご連絡ください。
ご質問もお待ちしております。

お問合せ先:bigsisterly.moon@gmail.com

※基本的に24時間以内に返信しております。
当方からの返信がない場合、Gmailからのメールが
受信できない設定になっている可能性がございますので、
設定をご確認ください。




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow