2022-11-11 11/18までのお申込みでミニ講座を特別価格でご提供!(対象:介護・福祉・医療職、介護家族)

悩みがあるのはそんなに悪いものじゃない

この前から一つのことに悩みだすと
次から次へと悩み事、というか迷いが
増えるスパイラルに陥っていましたが、
ようやく抜け出せそうな気配があります。

 

今までなら、このスパイラルから
早く抜け出さなきゃ!断ち切らなきゃ!と
焦っていたように思います。

 

今は居心地は悪いものの、
どんな悩みが浮かんでくるか
暫し眺めてみようという感覚に近いです。

 

ま、眺めてても解決はしないんですけどね。
でも焦ったからって解決しないし、
そもそも「悩む=悪い事」ではないかな、と。

 

悩むとか迷うってことは、
自分の心が揺さぶられているわけで、
じゃ何で揺れるのかを掘り下げてみると
あれこれあった悩みが実は
同じところに端を発するものだったことに
気付いたりするんですよね。

 

それに気づくだけでも十分だったりするし、
そこから自分が大事にしている思いに
気付けたりもします。

 

だから悩むことをネガティブに捉えなくても
いいかな、と(^o^)

 




シェアお願いします♪

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Rekaケアコーチ&介護福祉士
「ケアする人へのケアを」という思いのもと、コーチングによるケアをお届けしている。個人向け講座や企業研修も実施している。 雑誌掲載:「達人ケアマネ」(日総研)2019年12-1月号「利用者のモチベーションを維持するコーチングを活用したコミュニケーション」
Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow