2021-06-15 【新サービス】ケアびとのかたりBAR 無料モニター募集中

勉強会で軽やかに

先日のコーチング勉強会。  
また一つ、自分の思い込みに気付けたなと思っていて。     


前々から 「テキストのこのページの意図は?」と問われるたび、
実は結構苦しかったんですよね。    

それは、どういう意図があるのかを
「当てにいかなきゃ」と思っていたから。
(自覚はしていなかったけれど、
振り返るとそんな風に感じていたんだと思う)    


言ってみれば、 何十個もあると言われる意図を
一つ一つ狙い撃ちしようと構えているような感じ。
そんなの今の私のレベルで出来っこないのに(笑)。    


そんなんだから、 意図を挙げるのに時間もかかるし、
なんか苦しかった。


でもこの前は 森 真貴子コーチが
「意図」を「目指していること、目標」と
言い換えられたんです、確か。    


その時、ふっと軽くなりまして(^^ゞ    


もちろん考える内容は
「どういうことを意図されたページなのか」なんですが、  

・自分がこのページを終えた時にどうなっていたいか
・このページでクライアントに何を伝えたいのか  

まずはそこから考えればいいのでは?
と気付いたんですよね、いまさらながら。    


きっとそのレベルでは
視点の狭い考えしか浮かばないでしょう。    


でも、挙げていくことで
ある考えと別の考えが結びついて
最初は思いつかなかった考えが浮かぶかもしれない。    


そういうことを繰り返しトレーニングする中で
視点が高まり、よりいろんな角度から
物事を見られるようになるのでは。    


そんなことが頭を駆けめぐり、
気付いたらいつも感じていた独特の苦しさが
なくなっていました。      


これでまた少し軽やかになれるかな♪  




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Rekaケアコーチ&介護福祉士
「ケアする人へのケアを」という思いのもと、コーチングによるケアをお届けしている。個人向け講座や企業研修も実施している。 雑誌掲載:「達人ケアマネ」(日総研)2019年12-1月号「利用者のモチベーションを維持するコーチングを活用したコミュニケーション」
Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow