2022-11-11 11/18までのお申込みでミニ講座を特別価格でご提供!(対象:介護・福祉・医療職、介護家族)

「出来ない」のは本当か?単なる甘えか?

ご入所者の「できない」という言葉を
どこまで信じるか。

 

何でもかんでも手伝うのは簡単ですが、
その方の残存能力を生かして
少しでも自分でやって頂く。

 

特に在宅復帰を目指す
老健(介護老人保健施設)では必要です。

 

はっきり言って、
「出来ない」という言葉をそのまま信じて
こちらで何でもやる方が楽だし早いです。

 

でもそうすると
その方は本当に何もできなくなります。
それは介護ではない。

 

時々、介護士をお手伝いさんかのように
あれやってこれやってと
言ってこられる方もいます。

 

そのとおりにやれば相手の機嫌もよく、
こちらも考えなくていいので楽できます。
でもそれは介護士という専門職が
行うことではないです。

 

今まで「介護士の本分とは?」を
言葉にしてきませんでしたが、
これを自分の言葉で持っておくことは
普段仕事をする上でも
大切なことかも、と思いました。

 


コーチングを受けながら学べる、
トラストコーチングをリクエスト開講しています。
詳細はこちら↓
http://trustcoachingschool.com/

コーチングは経営者や部下を持つ人々だけでなく、
一般社員や会社勤めをしていない方、学生、子どもにも
実は必要なもの。

ご興味・ご質問がございましたらご連絡ください。

お問合せ先:bigsisterly.moon@gmail.com

※基本的に24時間以内に返信しております。
当方からの返信がない場合、Gmailからのメールが
受信できない設定になっている可能性がございますので、
設定をご確認ください。




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Rekaケアコーチ&介護福祉士
「ケアする人へのケアを」という思いのもと、コーチングによるケアをお届けしている。個人向け講座や企業研修も実施している。 雑誌掲載:「達人ケアマネ」(日総研)2019年12-1月号「利用者のモチベーションを維持するコーチングを活用したコミュニケーション」
Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow