2020-09-17 【期間限定】TCSをお申込みの方に書籍1冊プレゼント!

標準語の上品さ、大阪弁の味わい深さ

恐らく誰もが一度は耳にしたことのある
あのCM。

「55〇の豚まんがある時~、ない時~」

 

あれは完全に大阪弁のアクセントで、
あるき、ないきのように「と」に
アクセントがありますよね。

 

これをある、ないのように
「き」にアクセントを持ってくると
標準語になり、耳障りも上品に聞こえます。

 

だからといって、
大阪弁のアクセントが悪いのではなく、
とても味のある雰囲気が出せます。

 

あのCMで上品さを出してしまうと
豚まんのおいしさが
半減してしまいそうですね。

 

場面に応じて使い分ける、
その為にもそれぞれの特徴を知っておく。
言葉に限らず他のことにも
通じるものがありそうです。

 




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow