2020-09-17 【期間限定】TCSをお申込みの方に書籍1冊プレゼント!

相手の世界に入ってみる

日曜の早朝4:55からテレビ朝日系列で
放送されている「テレメンタリー」。

 

今日のテーマは
「演じて看る ~91歳 認知症介護の日常~」。
こういう番組、もっと増やしてほしいな、
見やすい時間帯に放送してほしいなと思う内容でした。

 

91歳の夫が91歳の認知症となった妻を介護する、
いわゆる老老介護。しかも10年間。
徘徊したり罵声をあげる奥さんに対し、
殺してやろうかと思うほど
追いつめられたこともあったといいます。

 

そんな時に出会ったのが、
俳優として演劇活動もしている
介護福祉士の方。

 

見当違いの言動があった時に、
それを正すのではなく、受け入れ、
相手の世界に入って演じる。

 

これは介護職なら
必ずやっているんじゃないでしょうか。

 

例えば、自分の家なのに「帰りたい」
と言われた場合…

 

「何言ってるの。ここが家でしょ。」
と言いたいところですが、
「そうですね。そろそろ帰りたいですよね。
でもまだ息子さんが迎えに来ていないから、
お茶でも飲んでここで待ちましょうか。」
と「ここは家ではない」という相手の世界に入って
話を進めます。

 

このような介護に出会って、
ご主人はとても救われたそうで、
今ではその介護福祉士さんと劇団を作り、
看板俳優として活躍されているとのこと。

 

この方はいい人と出会い、
素晴らしい生きがいを見つけられてよかったな、
と思いつつ、
「演じて看る」という方法を知れば
もっと楽になる介護者は増えるかな、
知っていても常に出来るかどうかはまた別問題だな、
とか、様々な思いが頭をよぎりました。

 

実際、私も毎日のようにこうしたやり取りはしていますが、
何度も繰り返すと
自分が疲弊してくるのが分かります(笑)。

 

仕事でもこうなるんですから、
家で介護をしていればもっとですよね。

 

早朝からいろいろ考えさせられましたが、
このようないい番組を
いったいどれほどの人が見ているのか。
もっと多くの幅広い年代の人に見てもらって、
介護について考えるきっかけとしてほしいと思います。


コーチングのサンプルセッション(無料)を受付中です!
コーチングって何?という方、
ちょっとした心のモヤモヤを聞いてほしいという方、
ご興味をお持ちでしたら、ご連絡ください。
ご質問もお待ちしております。

お問合せ先:bigsisterly.moon@gmail.com

※基本的に24時間以内に返信しております。
当方からの返信がない場合、Gmailからのメールが
受信できない設定になっている可能性がございますので、
設定をご確認ください。




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow