2020-09-17 【期間限定】TCSをお申込みの方に書籍1冊プレゼント!

自分の子どもはいないけれど

【子どもいないのになんでマザーズティーチャー??】
 
 
直接そんなことを
訊かれたことはありません😅
 
 
マザーズコーチングを受ける前、
ティーチャートレーニングを受ける前に
私が自分にしていた質問です。
 
 
ティーチャーとして
活動を始めてからも
時々問いかけることはあったかも。
 
 
でも27日は
その問いかけにはっきりと答えられる
そんな一日となりました。
 
*** 

前半は三宮OPA2で行われた
おやこくらぶ8月スペシャル!
 
すてきなサックス🎷演奏と
楽しいダンスの後は… 
 
 
絵本「鏡の中のぼく(かがぼく)」の著者であり、
マザーズコーチングスクール代表の
馬場啓介コーチによるトークライブ♪
 
 
テーマは「孤独」。
 
 
いじめや虐待を引き起こす
「孤独」をなくす。

そうそう、これだった…
これがしたかったんだ。
これだよ!!
 
 
と、受付をしながら、
馬場コーチの講演を聞きながら
静かにメラメラと燃えてました。
 
 
***

「ひとり」と「孤独」は違う。

ずっと昔、中一のころ、
「孤独」を感じかけたことがあります。
 
 
両親、特に母親は絶対的な安心感で
今思うと、コーチのような関わりで
見守ってくれていて、
おかげで「孤独」にならずに済みました。
 
 
そしてそんな関わりがあったからこそ、
学校でも「孤独」にならないよう
自ら担任に働きかけて、
「何もしなくていいから、ただ見守ってほしい」
と伝えることができました。
 
 
今にして思えば、
いじめの渦中にいて、
よくまあ冷静にあんなお願いができたものだと
思います。
 
 
でも、「孤独」を感じない環境があれば
たとえいじめられても
物理的にひとりだったとしても
精神的にはひとりじゃない。
 
 
***
 
 
かがぼくやコーチングには
こういうことを伝えられる力がある。
  
  
だから私は
マザーズティーチャーとして
活動したいんだ、
と改めて気付いた一日でした。
 
 
ともにこのイベントを作り上げた
マザーズティーチャー仲間の皆さんとそのご家族、
何を言ってもやっても
ドーンとした安心感で受け止めてくれる
リーダーの川口 みわ さん、
いつも心に深く入り込む問いをくださる
馬場 啓介 コーチ、
きめ細やかに各地のイベントを支えて下さっている
事務局のお二人、
本当にありがとうございました。




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ケアコーチ&介護福祉士
「ケアする人へのケアを」という思いのもと、コーチングによるケアをお届けしている。個人向け講座や企業研修も実施している。 雑誌掲載:「達人ケアマネ」(日総研)2019年12-1月号「利用者のモチベーションを維持するコーチングを活用したコミュニケーション」
Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow