2020-09-17 【期間限定】TCSをお申込みの方に書籍1冊プレゼント!

介護のプロとして

本当はもっとこういうことを
やっていきたいんだけどな、と思ったこと。

 

最近入所されて、あまり周囲と
馴染めていない方がいらっしゃいます。
話をうかがうと
「あの人がこんなこと言うた」
「この人に言うたら、皆に告げ口しよる」
等々、出てくる出てくる…(^-^;

 

ただ、「あの人」や「この人」が
本当にそんなことをしているかを
私が知っているわけではないし、
もしかするとちょっとしたことがきっかけで、
本人の中で妄想が膨らんでいるだけかもしれない。
そしてそれが認知症の影響かもしれません。

 

そこでただひたすら傾聴。
事の真相はさておき、
その方がどう感じているのかを
思うままに話してもらいました。

 

と言っても、業務の合間を縫って
何とか作り出した5~6分ぐらいのこと。
全部を聞けたわけではないですし、
その方も明らかに話し足りなさそう(>_<)
でも少し眉間のしわは薄くなってたかな(笑)。

 

何も解決はしていないけれど、
私としてはこのような時間を
もっと持ちたい、話を聞いていきたいと
思ったんですよね。

 

傾聴ボランティアを取り入れている施設も
あると思うんですが、
利用者の話を聞くことは
介護士として必要なんじゃないかと。
その方へのケアのヒントが話の中にあると思うので。

 

理想と現実…もどかしいですね(+_+)


コーチングのサンプルセッション(無料)を受付中です!
コーチングって何?という方、
ちょっとした心のモヤモヤを聞いてほしいという方、
ご興味をお持ちでしたら、ご連絡ください。
ご質問もお待ちしております。

お問合せ先:bigsisterly.moon@gmail.com

※基本的に24時間以内に返信しております。
当方からの返信がない場合、Gmailからのメールが
受信できない設定になっている可能性がございますので、
設定をご確認ください。




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow