2020-09-17 【期間限定】TCSをお申込みの方に書籍1冊プレゼント!

介護をしていてイライラする方へ《あなたは何も悪くない》

介護をしていてイライラする方へ

こんにちは。ケアコーチ&介護福祉士のタカノです。

  • ご利用者・ご入居者の対応でイライラしてしまう方
  • 同じ職場の人と気が合わずムカッときている方
  • 自分の身内を介護していて手を上げそうになった方

こういった方にお伝えしたいことがあります。

この記事を書いている私は、
2015年から介護職員として施設で今も勤務し、
2018年に認知症ケア准専門士、
2019年に介護福祉士を取得。

一方でケアコーチとして、介護職や介護家族の方へ
コーチング(自分との他人とのコミュニケーション)講座や
個別セッションを実施しています。

一番伝えたいこと ―あなたは悪くない!―

ご入居者にイライラするなんて、プロとして失格だ…

ゆっくりしか動けないなんてわかりきったことなのに…自分なんてダメだ 



誰かを介護しているあなたは、
イラっとした後にこんな自己嫌悪におちいっていないでしょうか。

私も介護職に就いたばかりの頃は、イライラしては自分を責めていました。


でも・・・

どんなにプロであっても、どんなに大好きな家族であっても
なかなか思うように動いてくれない相手に対して
イラっとしてしまうことはあると思います。


私が一番伝えたいのは、
「イラっとする自分を責める必要はない」ということです。

理由はそれが当然の反応だと思うから。


自分が「してほしくないなぁ」と思うことを相手がしたら、
そりゃムッとしたりイラついたりしちゃいますよね。

当たり前の反応なのだから、それを責める必要なんてないんです。
※イライラの感情を言葉やモノなどを使って相手にぶつけてしまうのは大問題ですが。

責める代わりにしてほしいこと ―心の状態を振り返ること―


自分を責めるのではなく、
イラっとした時の自分の心がどういう状態だったのかを振り返ってみてください。

  • 自分は何に対してイラっとしたのだろう?
  • 相手が以前同じことをした時もイラっとした?
  • 自分はこういうことをされると嫌悪感を抱くのかな?
  • ご入居者の言動じゃなく、全然別のことが心に引っかかっていて、
    ちょっとしたことで心がバランスを崩したのかも?


このように振り返ることで見えてくる傾向があります。

  • 誰がしたかに関わらず、あることをされると自分はいつもイラっとしている。
  • 特定の人がしたことについて、イラっとすることが多い。
  • 「誰が」「何をしたか」に関わらず、こういう時はイライラしがちだ

    などなど


このような切り分けが出来ると、前もって手をうつことが可能になることもありますよね。

  • ある行為が原因ならば、その行為が行われるのを防ぐ方法を考える
  • 特定の人の何にイラっとしているのかを考える、
    生理的に合わない場合は一定期間距離を置けないか、手立てを考えてみる
  • イラっとしがちな場合に当てはまる日だ、ということをあらかじめ認識しておく



一番最後については、「それだけ?」と思うかもしれませんが、
少なくともイラっとする自分を責めることは減っていくはずです。

イラっとした時に振り返りなんて出来ない!という方に ―息を吐きましょう―



ただ、イラっとした時にこんな冷静に振り返れないですよね。
なので、一息深呼吸をすることをおススメします。

できれば、吐く息から大きく長めに

こうすることで副交感神経の働きが高まり、
イラっとした緊張状態を緩めることが出来ますよ。


この大きく一息吐くという方法は、私もやっていて効果を実感しています。
もちろんこれ以外にも自分を落ち着かせる方法はあると思います。
自分なりの方法を見つけてみてくださいね。

お知らせ

●イライラした気持ちを誰かに聞いてほしい
●誰かと話しながら、イライラの扱い方を考えたい


こうした方々に個別セッションをご利用いただいています。
初めての方には30分間の無料サンプルセッションをご用意しておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

https://ws.formzu.net/dist/S97642939/
※初めての方はにチェックを付けてくださいね。




シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ケアコーチ&介護福祉士
「ケアする人へのケアを」という思いのもと、コーチングによるケアをお届けしている。個人向け講座や企業研修も実施している。 雑誌掲載:「達人ケアマネ」(日総研)2019年12-1月号「利用者のモチベーションを維持するコーチングを活用したコミュニケーション」
Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow